箪笥の中のたとう紙、傷んでいませんか?

着物を包んでいるたとう紙、劣化していませんか?

お気に入りの着物、何度も出し入れするからボロボロになりました、、、
は、まだ良いのです。

困ってしまうのは、色が変わっているもの、シミが出ているもの、そしてカビ!
ほおっておくと、中の着物にまでその影響が、、、危険です!

たとえば、このたとう紙

表面にシミがつき、紐も変色、、

開けてみると、、、

紐、着物に変色があります。


さすが、30年近く開けていなかっただけあります。。。

村山大島紬のアンサンブル、羽織です。

拡大!

着物もしつけ糸も、たとう紙の紐も変色していて、悲しい、、

色々なたとう紙です。

和紙、洋紙、和紙と用紙のミックス、、

下から順番に、和紙の割合が多そうに見えます。

和紙は、楮(こうぞ)、三叉(みつまた)、雁皮(がんぴ)などの靭皮繊維を漉いたもの。
(ちなみに麻も靭皮繊維です。簡単にいうと植物の茎の繊維が靭皮です)
手漉き、機械漉きがありますが、たとう紙ですから高額な手漉きではないでしょうけれど。

和紙は下の画像のように、長い繊維が透けて見えます。

この繊維が絡み合って紙になるので、ところどころに繊維が見えるのです。
繊維と繊維の間に隙間があるので紙の表面は凹凸があって、ざらっとした感じ。

和紙は調湿性が高い紙です。
紙の中の繊維が、湿気を吸ったりはいたりしてくれます。
着物が置いてある場所の湿度が高くなっても、
着物が湿気を含む前に、紙が湿気を吸い込んでくれます。

繊維はあまり見えないけれど、ふわっとしているものもあります。
これはどんな割合なのか知りたいと思っています。
吸湿性はあるような気がしますが、、

反対に、普段使うことの多い洋紙は手触りがつるっとしています。
パルプ等からとった短い繊維を均一に漉くからです。

和紙は毛筆で書きやすく、美しい掠れが出る凹凸のある紙、
洋紙はペン先が引っかからないように、またインクが滲まないように滑らかな紙が
歓迎された結果ではないかと思われます。

たとう紙のお値段は、和紙の含有率で違ってくるでしょうね。

個人的な感想ですが、
やはり中身がお高いものは、和紙の含有率が高そうなたとう紙で
手元に来ることが多いかなと思います。

百貨店、お高めの専門店がお使いのたとう紙は、ざらざらが多く、
お安め専門店、リサイクル店は、洋紙率が高くて、つるつるなイメージがあります。

たんすに入れる前に、たとう紙を開けなくても中がわかるように、鉛筆で中のものを書いておきます。

(窓があるたとう紙もありますが、ないほうが好き)

この時、ペンは使わないでくださいね!
インクがしみてくる心配があります。

中の着物や帯にシミがついたら一大事です!

鉛筆は大丈夫!
博物館、美術館でのメモも鉛筆はOKですよね!

たとう紙に書く文字が、どんどん大きくなってきて
最近は数年前の5倍くらいの大きさになっています(泣笑)!

お子さんがお休みになってしまい、お仕事をお休みされている方、
予定がキャンセルになってしまった方、
箪笥の中の着物、ちょっと覗いてみてください。

この機会に、着物の整理と保管の見直しも良いかもしれません。
たとう紙をお取り替えの方、ネットで見つけたら、
なるべく和紙が含まれていそうなものをポチッとしてくださいね!

どの着物を残そうか、手放そうか、、というお悩みが出てきてしまったら
着物パーソナル診断です!

着物パーソナルカラー診断で似合う色、
顔タイプ着物診断で似合う模様と素材、テイストが分かります^^

ただ今、プロモーション中です♪