着物パーソナルカラー診断 *薄い色*

着物パーソナルカラー診断に使う正絹ドレープ、32色。
その中で、もっとも色みの少ない色のグループ。

色無地や飛び柄の小紋の地色には使いやすい色です。

春・鳥の子色       夏・淡藤色        秋・珊瑚色        冬・薄色

色の出方はデバイスによって異なりますので、実際の色とは違って見えます。
ご了承くださいm(._.)m

春の色:鳥の子色
卵の殻の色を表しています。イエローベースの優しい色。
明度は中位、彩度は低め。

この色が似合う方は、お顔の血色がでて明るく元気に見せてくれます。
綸子ならさらにツヤ肌に見えます。
反対にお顔の色が黄ばんで見えたり、色素が濃く見えたりするのは調和していないサイン。

夏の色:淡藤色(うすふじいろ・あわふじいろ)
古代より高貴な色とされてきた紫の薄い色。ブルーベースの上品な色です。
明度は中位、彩度は低め。

似合う方は、お顔の色がすっきりと色白に見え上品な印象に。
お顔色が青ざめて見えたり、元気なく見える場合もあるので注意が必要。

秋の色:珊瑚色
イエローベースに赤みのある色。珊瑚は昔からかんざしや帯留めにも使われてきました。
明度は中〜高。彩度は中程度。

お似合いの方には、お顔色を明るく見せてくれる効果があります。
反対に調和しない方には、赤ら顔に見えたり、野暮ったく見えたりする怖い色。

冬の色:薄色(うすいろ) 浅紫(あさきむらさき)とも
夏の淡藤よりも紫寄りの薄い色。
明度、彩度とも低め。
色無地で黒帯にすれば法事等にも着られる落ち着いた色です。

似合う方には、大人の雰囲気が漂う色白美人さんに見せてくれます。
似合わない場合には、お顔が暗く沈んで見えたり、具合悪そうに見えたりするので注意が必要。

お好きな色はありましたか?
薄い色でも、お顔に与える効果は大きいですよ。

気になる色があったら、着物パーソナルカラー診断を受けてみてくださいね。
お肌や髪、瞳の色やお持ちの雰囲気から、その方にお似合いの色を診断します。

ただの4シーズン分類でのお伝えはしません。
色彩についてもじっくり学びました。
色彩検定1級、パーソナルカラー検定モジュール3(最上級)の知識を生かし、
ご自分でも見極めができるようになっていただけるよう
色の明るさや、鮮やかさ、濁り具合いといった色の三属性を
しっかりとお伝えします!

ただ今、プロモーション中^^
詳しくはこちらへ♪