着物パーソナル診断で納得!カラー編

嫁入り時にあつらえてもらった着物数点。
なぜこんなに朱色とかピンクばかり?
それでも、箪笥のこやしになんかしないぞ!と頑張ってみたものの、
着てても楽しくない、自信がない、違和感ばかり。

ようやく子供から手が離れ、着物生活を楽もうと取り出したこの小紋もそのひとつ。

komon yellowish red

画像ではわかりにくいですが、JIS色名でいうと鉛丹色。
黄みがかった赤、そう、朝ドラのスカーレットに近いです。
戸田恵梨香さんがオープニング主題曲の終わりの方でお召しになっているブラウスの色。

この鉛丹色、若い頃は似合っていたはずなのに、、、あれれ?なんかヘン?
帯を地味にすればしっくりくるかしら?
と、暗い色、シックな柄を探し出しては買い、あわせてみる、、
満足できず、また探しては買い、、、。
結果、手持ちの帯は顔タイプキュートにはあわないものばかり(←今だから分かる!)
になってしまいました。箪笥のこやし、増えた?

着物パーソナルカラー、夏の私。(ちなみに洋服はサマー&スプリングです)
この色を顔に近いところにもっていったら、顔は赤らみ、野暮ったく見えます。
(お似合いの方は、血色が良くなり若々しく見える色です!)

いくら帯で頑張ったとしても、顔色を左右する顔の近くに似合わない色がきていては
違和感があり、満足感が得られないのも納得!

そんなときは似合う半襟を入れればOK♪
を知らない時でしたので、
この着物は洗い張りに出して端縫い状態のまま、染め替え、仕立て替えを検討中です。
知っていたら、もう少し楽しくコーディネートして着られたかな〜。

パーソナルカラーはお歳と共に変化しますよ!
お顔や瞳、髪の色等の色素も影響を与えるので、
経年変化が進むともちろん、お似合いの色にも変化があります。
髪の色を変えただけで、トップスが今までのお顔映りと違って見えた、
なんて経験はありませんか?

着物は帯以外の全身が色で被われますから、似合う色は重要です!
ご自分にお似合いの色を知っていれば、
お手持ちの中でコーディネートができて箪笥のこやしを増やさずにすみます。
お似合いの色の何かをひとつ足せば、とっても魅力的なスタイルになります。

着物パーソナル診断、カラーも顔タイプも
ご自分の着物スタイルに迷いのある方に有効です!

Follow me!